シューゲさんのまったり音楽日記

個人的にお勧めの音楽やライブ体験記、それに日常の面白そうな出来事をひたすら書き連ねてます。コメントを頂いたら、お返事できそうなものだけさせていただくので、宜しくお願いします。

“TSUTAYAのレンタル落ちCD”の巻

さっき、近所のTSUTAYAに行ってきた。


ここにはワゴンセールでレンタル落ちCDが“どれでと5枚で500円”で売られているんだけど、これがなかなか掘り出し物がたくさんあって、よくお世話になっている。


今回も色々と掘り出し物があり、その中の1枚に映画音楽で有名なヴァンゲリスのベスト盤があったので即購入した。


f:id:shoegazer1990:20180830000000j:plain


ヴァンゲリスは映画『ブレードランナー』や『炎のランナー』などの作曲者として有名な人で、いつかCDを手元に置いときたいと思ってたのでありがたい!


しかし、帰宅してライナーノーツを見ながらCDを再生していたら、映画のサントラは1曲も収録されていなかったので正直ガッカリしてしまった。


それでも、この人が手掛けた映画音楽しか知らなかった僕にとってはまた新たな発見があり、逆に得した気分になった。


シンセサイザーを打楽器っぽく扱っているというヴァンゲリスのこのベスト盤は“宇宙を感じさせてくれる曲”がたくさん詰まっていた。

エス(←バンド名です!)のジョン・アンダーソンをボーカルに迎えた曲も収録されてるけど、一聴しただけだとインストゥルメンタル(歌無し)の方が印象に残ったな。



ああ……そういや『ブレードランナー』の続編、まだ観てなかったのを思い出した(汗)。



The Motion Of Stars
https://youtu.be/gLehoySCfRc


f:id:shoegazer1990:20180830000055j:plain