シューゲさんのまったり音楽日記

I'm “Shoege san”. I'm music bloger. 個人的にお勧めの音楽やライブ体験記、それに日常の面白そうな出来事をひたすら書き連ねてます。コメントを頂いたら、お返事できそうなものだけさせていただくので、宜しくお願いします。

“ブログ200回目はTHE INNOSENCE MISSION”の巻

今回で当ブログも200回目となりました!





よ~~続いてるわ、ホンマに(笑)。




またチョ~~ダラダラと思い付くままに今回は書いていくので、興味無い方は毎度のごとくスルー!(笑)







去年の夏頃から1週間に4~5記事はアップしてたのかな?多い時は20日間ぐらい連続で毎日アップしてたもんな~。


こうやってブログを書いてて思うけど、毎日続けるのってホント大変だね(汗)。

好きでやってるけど、『ああ~~、今日は書くのダリぃなぁ……』なんて思うこともしばしば。

たまに休む日もあるけど、そういう時はゆっくり身体を休めたり、友達と会ったり、時間の許す限り本を読みまくったりしております。

最近も、夜中4時半ぐらいまでずっと本を読み続けることが多くて、部屋の電気がついたまま眠ってたり。

日中も眠くなることがあるんだけど、なんかねぇ……こういうのってスイッチ入るとしばらく続くんですよ。

今は「やれるだけやってみよう」、という感じです。








ブログの話だと、まあ、アレだね。


最近はアクセス数がかな~~り減ってきておりますです、ハイ(泣)。

毎日更新してると“読む側”も必ず“飽き”がくるのも分かるしね、これは避けられないんだと思う。


3月3日だったかな、初めて1日のアクセス数が200件を超えて『やったーーっ!!』と思ってたんだけど、そこからは1日50件ぐらいに減ってしまった(汗)。

今で約1年4ヶ月ブログ運営して色々と分かったことがあって、“60年代や70年代のレジェンドバンドを今更オレが書いてもほとんど読まれない”という……(泣)。

ストーンズネタとか書いても【注目記事トップ5】に全然入らんし(泣)。

それに、最近で言うとメレディス・モンクとか、ああいうのを取り上げても一般の音楽ファンには完全にスルーされてしまう。

グレイトフル・デッドメレディス・モンクを2日続けて書いて、自分でも『アクセス数、激減するやろなぁ……』と思ってたら、見事に予想的中してるし!(汗)


しかし、それでも俺は我が道を貫くのだ!!(笑)








先月もリンゴ・デススターとアシッド・マザーズ・テンプルを観に行ったけど、ぶっちゃけて言うとチャーチズやティーンエイジ・ファンクラブを観てブログ書いた方が一般のロックファンにはウケが良いやろな、というのも分かってるんだけどねぇ……。

ま、結局は自分の観たい方を選んだわけだし、後悔はしてない。ライヴも最高だったしね。

何てったって、自分のブログなんだから、自分の思うがままに書くべきだろう。

正直言ってチャーチズは観たかったけど、なんと今年のサマソニで早々に再来日すると知り、今度こそは観ようと思っている。

大阪ではレッチリが金曜日って、観るの厳しいかな(汗)。

チャーチズとウィーザー目当てでサマソニ行こうかな~と考えております。







それと、僕は自分のブログを人に教える時も、推しが足りないんだろうな。

初対面の人にブログのことを教えることもあるけど、「もし良かったら見てやって下さい」程度にしか言わないし。

ずかずかと言ってくる人もいるけど、俺はああいうのが嫌だし。

『読みたい人だけ読んでくれたら良いや』と思ってるし、楽しんで読んでくれるのが一番だからね。



……とは言いつつも、やはりアクセス数はモチベーションになっていたりするので、ホンマ自分でもややこしい奴っちゃなぁ~~、と思ったりするのである(笑)。


このブログの存在を知ってる人もまだまだ少ないだろうし、先ずは知ってもらうことなんだろうね。


それも、これからの課題だな。








こうやってブログを続けていて、今のところコレで副収入を得ているわけではないです。


……が、ブログをやっていて良かったな~と思うことは本当に多々ある。

プロのミュージシャンや作家さんとも知り合えたし、僕がブログを書くことで、彼らに貢献できてるという自負もある。

今までは全くの別世界の人達だと思っていたアーティストの方々とも繋がるようになれたし、僕自身も胸を張って彼らと接することもできている。

良い刺激を与えてくれる人達のことを、僕は本当にリスペクトしている。

ただ、その一方で『俺も負けてねえぜっ!!』なんて心の中で思っていたりする(笑)。

それも、このブログを続けているおかげで自信が付いたから、やっぱりライフワークとしてこれからも続けていくべきだね、うん。







そして、何よりも毎回楽しみにしてくれているそこのアナタ!!(笑)


アクセス数が1つでも増えているのを見るたびに『ああ、俺のブログを読んでくれてる人がいるんだ!』と、これが最高に嬉しいのですよ。


ネットを通じてブログ外でコメントをくれる人達もたまにいて、寝耳にウォーターな展開でルー大柴に代わって本当に感謝しています!
(だからルー大柴は関係ねえっつ~~の!笑)








……というワケで、ホンマに思いのまま書き綴ったけど(汗)、皆さん、これからも宜しくお願い致します。





今夜はイノセンス・ミッション(The Innosence Mission)のカバー曲を聴きながらお休み下さい。



布団に入って聴いたら癒されますよ、うん♪









Over The Rainbow
https://youtu.be/x_0inYOAxAo


What A Wonderful World
https://youtu.be/w62QtRPf64M


Prelude In A
https://youtu.be/AyWeAH6bcY4

SOS
f:id:shoegazer1990:20190307202417j:plain

PRODIGY / THE FAT OF THE LAND(1997)

f:id:shoegazer1990:20190306214113j:plain

そういや、プロディジー(PRODIGY)の『グレイテスト・ヒッツ1990 - 2005』に付属していたライヴDVD観てなかったな。近々観ようっと。







……なんて思っていた矢先に入ってきたキース・フリント死亡のニュース。




突然過ぎて、なんだか信じられん……。




自殺と報道されているが、こういうニュースを聞くたびに、誰もが羨むほどの成功を手に入れた人の心の闇というか、誰にも理解されず苦悩していたのかな……なんてことを、いつも考えてしまう。







プロディジーを僕が知ったのは1,000万枚以上のセールスを記録したと言われるアルバム“THE FAT OF THE LAND”だったけど、ライヴ映像から入った僕は、彼らのパフォーマンスに嫌悪感を抱いたのは忘れられない。


それも、特にキース・フリントの“両サイドモヒカン”(?)とでもいうヘアースタイルと、ライヴ中に牛のようにヨダレを垂らしまくっている姿に辟易してしまったからだ。


f:id:shoegazer1990:20190306220952j:plain
f:id:shoegazer1990:20190306221003j:plain
f:id:shoegazer1990:20190306221015j:plain


セックス・ピストルズジョニー・ロットンを太らせたような風貌はインパクト大だったが、とにかく彼らに対して拒絶反応しか起こらなかったのを覚えている。




“Breathe”や“Firestarter”のミュージックビデオもよく流れていたので観てはいたが、やはり、どうにも好きになれなかった。





プロディジーを好きになったのはそれから随分経ってからのことで、テクノやミクスチャーという音楽に興味を持ち始めた頃だった。


『そういや、プロディジーってアルバムを通して聴いたこと無かったな』と、自分の中にある“プロディジー潔癖症”ともいえる先入観を一度取っ払い、出来る限り真っ白な状態で彼らの音楽と向き合うように心掛けた。





そしたら、




『このアルバムめちゃめちゃカッコイイやん!!』




と、それまでの評価がガラリと一変したのだ。





僕の一番お気に入りは、ラストを飾るM10“Fuel My Fire”で、ここに来るまでの道程でテンションを上げまくり、最後にドカンと一発ブチかます



この展開がたまらなかった。






バンドはこのアルバムを絶頂期に、その後少しずつ話題にならなくなっていったかもしれないけれど、後のアルバムも聴いてみたら、やっぱり単純に“カッコイイ”と思う。




90年代後半という時代にピッタリ合った『ファット・オブ・ザ・ランド』の後も自分たちのスタイルを崩さずに続けていたその姿には、彼らにロックを感じる。








Fuel My Fire
https://youtu.be/teLtKlKTn5g


Breathe
https://youtu.be/rmHDhAohJlQ


Firestarter
https://youtu.be/wmin5WkOuPw


f:id:shoegazer1990:20190306214134j:plain

The Fat of the Land

The Fat of the Land

ザ・ファット・オブ・ザ・ランド

ザ・ファット・オブ・ザ・ランド

Meredith Monk / DOLMEN MUSIC(1981)

f:id:shoegazer1990:20190305211203j:plain

「誰だコレ?知らねーーな」とスルーする前に、とりあえず読んでほしい(汗)。

当ブログの読者は海外のロック好きがほとんどだと思うが、今回は現代音楽のメレディス・モンク(Meredith Monk)が発表した“DOLMEN MUSIC”(1981年)について、僕なりの感想を書いていく。



……というのも、このアルバムを知ったのはつい最近のことで、しかもメレディス・モンクという人すら名前もろくに知らなかった。




現在、大阪市内にあるギャラリーノマル(Gallery Nomart)で開催中の展覧会“Gather - Gift”に参加されている作家の稲垣元則氏が紹介していたアルバムで、先日再びノマルへ行った時、ジャケットのアートワークに惹かれたのがキッカケだった。



直ぐにSpotifyで再生し(ホント、便利だな)、展示されている作品群を前に聴いてみると、これが僕の大好きなコクトー・ツインズ(Cocteau Twins)に通じるものがあったのだ。


f:id:shoegazer1990:20190305211226j:plain


というか、この人の歌唱法はコクトー・ツインズのヴォーカル、エリザベス・フレイザーにソックリで、しばらくその場に立ち尽くしてしまった……。






このアルバム『ドルメン・ミュージック』が発表されたのは1981年。



そして、コクトー・ツインズがデビューしたのが1982年。



僕は当時のことなんてリアルタイムで知らないので何とも言えないが、音楽誌でエリザベス・フレイザーメレディス・モンクの歌唱法について書かれた記事というのはネットでも見たことが無い。


コクトー・ツインズはスージー&ザ・バンシーズなどひとつ上のパンクバンド達から影響を受けたとされているが、多分……いや、きっとメレディス・モンクの『ドルメン・ミュージック』を聴いてたはずだと確信した。


エリザベス・フレイザーの、あの変則的なヴォーカルスタイルがどうやって生み出されたのかずっと気になってたし、必ず元ネタというか、強く影響を受けた歌い手がいるはずなんじゃないかと思っていたので、このアルバムを聴いて“線”が繋がったように感じた。


海外のアーティストって一番影響を受けた人については語りたがらないようで、それってマジックの“種明かし”をしてしまうことと同じようなものだから言いたがらないんだろう。





……と、ここまで書いて全く予想が外れてたらどうしようかと思うが(汗)、まあ、そうやって想像するのも楽しいし、べつに良いじゃないか!ということで(笑)。





ただ、これは当たってるんじゃないかな。



それは、音源を聴けば分かると思う。




そして、このアルバムが間接的に後のロックミュージックに与えた影響というのも僕は感じたし、今でいうシガレッツ・アフター・セックスなどのミニマル音楽へと受け継がれていってると感じたのだ。









Fear And Loathing In Gotham - Gotham Lullaby
https://youtu.be/XydwPP04K7c


Education Of The Girlchild - Travelling
https://youtu.be/t1qGpLSCsjA


f:id:shoegazer1990:20190305212630j:plain

GRATEFUL DEAD / ANTHEM OF THE SUN(1968)

f:id:shoegazer1990:20190304211113j:plain

サイケデリックロックの代表格であるグレイトフル・デッド(GRATEFUL DEAD)を知ったのは高校生の頃で、当時、NHKで放送していたイギリスはBBC制作のロックヒストリー番組でのことだ。

全10回の放送で、毎回テーマに沿った内容をガッツリと一時間やっていたその番組のひとつに“サイケデリック特集”が組まれていたのだ。

そこで紹介されていた60年代ヒッピームーヴメントは、高校生の僕にはとてもショッキングだった。

ブラウン管の向こうに見える“フラワーチルドレン”と呼ばれる人達は、“愛と平和”を謳(うた)い、誰も彼もが出会った瞬間にハグし、熱いキスをしては抱きしめ合う。

ジェファーソン・エアプレインやジャニス・ジョプリン率いるビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニーをはじめとするサンフランシスコ出身のバンドの演奏に合わせ、女は軽やかに舞い、男は激しく身体を上下に揺さぶる。

映画などのフィクションでも無く、こんな現実離れした出来事がずっと昔のアメリカに、実際にあったというのが信じられなかった。






深夜、テレビを通して僕の目の前に現れた“サイケデリック”という世界。


そこは、絵の具が垂れてくるような、水滴がゆっくりと落ちてくるような映像と、身体の芯まで陶酔させてくれる音が一体となっていた。


“幻覚”や“幻聴”をイメージさせるサイケデリックワールドに、当時の僕は魅了されてしまった。






イギリスでは初期ピンク・フロイドが紹介されたりと、いくつものサイケデリックバンドが出てきたが、音と映像が一番シンクロしていたのがグレイトフル・デッドだった。


彼らの2ndアルバム“ANTHEM OF THE SUN(太陽の賛歌)”をBGMに、LSDをやっている人達の青く歪んだ世界は、アルコールの何十倍も何百倍も強烈にブッ飛んでいた。






組曲形式で流れるこのアルバムは、今も僕を現実逃避させてくれる。






この『太陽の賛歌』を聴けば、いつでもブッ飛んで、いつでもサイケデリックの世界に迷い込むことができる。









New Potato Caboose
https://youtu.be/6t0vFlM7tig


f:id:shoegazer1990:20190304202117j:plain

Anthem of the Sun

Anthem of the Sun

THE STONE ROSES(1989)

80~90年代のイギリスを代表するバンド、ザ・ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)。

当ブログ内でもストーン・ローゼズの話は度々出ているし、ギタリストのジョン・スクワイアについても以前ガッツリ書かせて頂いたが、バンドに焦点を当てて書いたことが無いので、今回やっと登場だ。



(以前書いたJohn Squireの記事)
https://shoegazer1990.hatenablog.com/entry/2018/09/04/005906?_ga=2.94949212.1947094162.1523076954-1379661237.1511483358







……ということで、今回は彼らのデビューアルバムである“The Stone Roses”について、僕の思い出を書き綴っていく。
(89年当時の邦題は『石と薔薇』です)


f:id:shoegazer1990:20190301181409j:plain


18歳の頃、当時通っていたレコード店の店長に「80年代以降のお勧めのバンドって何かありますか?」と質問し、「あるよ。ストーン・ローゼズ」と即答で言われたバンド名だ。


それまでもストーン・ローゼズという名前はCDショップで見かけて知っていたが、ガンズ・アンド・ローゼズローリング・ストーンズのパクリバンドなのかと単純な発想で勝手に嫌悪感を示してしまっていたので、まさかこのバンドを紹介されるとは思ってもいなかったのである(汗)。


シングル“Sally Sinnamon(サリー・シナモン)”を狭い店内で聴いた僕は、見たことも無い外国のレンガ造りの古い町並みが脳裏に浮かびあがったのを今でも覚えている。


『サリー・シナモン』を気に入り、直ぐに彼らが残した2枚のアルバムも購入した。
(2ndアルバム“Second Coming”についてはまたいつか書こうと思う)






僕は物心ついた頃にサイモン&ガーファンクルを聴いて育ったのもあり、この1stアルバムには同じような“匂い”がしたのを覚えている。
(多分、『スカボロー・フェア』のメロディーを拝借したM7“Elizabeth My Dear”が収録されているのもあるからだろう)



あと、ここで紹介している曲順は89年発売ヴァージョンなので、再発時に追加された2曲(“Elephant Stone”と“Fools Gold”)は無し、ということで。







M1“I Wanna Be Adored”の歌詞を見た瞬間から「憧れられたい、崇拝されたい」と大胆過ぎて、まるで聴き手を催眠術にでもかけるような幕開けだ。


f:id:shoegazer1990:20190301230901j:plain


M2“She Bangs The Drums”では「未来はこの僕のもの。きみはもう時代遅れさ」という、古いものを捨て去り、先へと前進していく宣言が続くのは刺激的だった。



楽曲もギタリストのジョン・スクワイアが手掛けたアートワークをそのまま音にしたかのようで、炭酸飲料を飲んだ時のように“シュワ~~ッ!”と身体中に染み込んできたのを覚えているし、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系の甘酸っぱい“香り”も漂ってくるような、そんなサウンドに包まれていた。



このアルバムは全曲大好きなんだけど、特にお気に入りなのがM3“Waterfall”で、シンプルなアルペジオのギターなのに、何故かずっと聴き続けたくなる万華鏡のようなグルーヴがたまらない。

ウォーターフォール』は“滝”という意味で、キラキラと輝く滝が流れているようだった。

これとM4“Don't Stop”の流れも最高で、“2つで1つの曲”だと僕は思っている。もちろん、単体でも超名曲なんだけどね。



このアルバムはレコードで言うとA面に当たる流れが特に大好きで、M5“Bye Bye Badman”までの流れはそれこそ何度も何度も、もう何回聴いたか分からないぐらい聴きまくった。







B面に当たる後半のM8“Made Of Stone”では、肌寒い冬の、冷たい風が吹き荒(すさ)ぶ。


f:id:shoegazer1990:20190301230940j:plain


M10“This Is The One”は一番好きな美メロ曲のひとつだ。
(余談ですが、当時の邦題は『これだ!』でした 笑)



そして、ラストM11“I Am The Resurrection(僕の復活)”では「僕は復活、僕は生命そのもの」と最後の最後まで大胆な宣言をしたまま、大団円を迎える。







完璧な流れだ。







このアルバムは89年のイギリスを映し出した“鏡”みたいな作品なんだと感じる。


89年当時のイギリス、それもマンチェスターという工業都市の、薄暗い雲に覆われた町並みや人々の生活が記録されているような、そんなアルバムだ。


そして、そこから、退屈な日常から抜け出そうとしている四人の若者たちの記録でもある。




日本に住んでいる僕達でも、遠く離れた異国の人々を想像させてくれるロックミュージックだ。



使っている言葉は違っても、良いメロディーや魂(ソウル)ってのは、国境を越えて心の琴線に触れてくるものなんだ、と今でもローゼズの連中は僕に教えてくれる。



この作品を聴く度、そんな気がする。









She Bangs The Drums
https://youtu.be/wD6Pq0bSMPo


Waterfall
https://youtu.be/7NrLBlw9WZE


Bye Bye Badman
https://youtu.be/4ELIXlBV6kw


Made Of Stone
https://youtu.be/K9rNxab2pRM


Waterfall ~ Don't Stop(LIVE2013)
https://youtu.be/BDZ56IIYnZI


f:id:shoegazer1990:20190301230733j:plain

【番外編】“2019年は『AKIRA』の年!”の巻

今日で2月も終わりか……早いのぅ~~。





どうも、皆さん。


最近になってまた新しいことを色々とやり始めているシューゲさんです。




さっきまでジムに行って筋トレしてました。



このままの勢いで、1日も早くクリスティアーノ・ロナウドばりの腹筋を手に入れよう♪

(クリロナは1日6,000回の腹筋をやってるっつ~~の!笑)









先週の話。








Eさんと電話してたら、漫画『AKIRA(アキラ)』の話になったので、そのことについて書いていこうと思う。


f:id:shoegazer1990:20190228231411j:plain






AKIRA』といえば、アレですよ、アレ!


2020年の東京オリンピックをズバリ的中させた漫画なんですよ!


f:id:shoegazer1990:20190228233108j:plain
f:id:shoegazer1990:20190228233120j:plain


連載開始が1982年…………ノストラダムスより、よっぽど凄い!!(笑)


オリンピックの組織委員会スタッフがAKIRAファンなんじゃねえの?!と勘ぐったほど驚きだった。








しかし、そんな話ではなく、盛り上がったのはこの作品に登場した“おばさん”こと“チヨコ”の話。


f:id:shoegazer1990:20190228231633j:plain






このチヨコさんはめちゃくちゃ強くて、銃を所持してる相手すらその瞬発力で、一瞬で懐に飛び込めるスピードの持ち主だったりする。


f:id:shoegazer1990:20190228231829j:plain






しかも、腕っぷしも強い!!


f:id:shoegazer1990:20190228231913j:plain






更に、銃器も使いこなせるという、正に最強キャラ!!


f:id:shoegazer1990:20190228232025j:plain




俺もチヨコを見習って身体を鍛えなきゃな~~と思う。






……って、このチヨコさん、映画では登場してないんよね。



そりゃ~~出てきたら最強過ぎて話にならんだろう(笑)。




つ~~か、『AKIRA』は世界中で人気のある作品で、フツーは主人公の金田くんや彼の所有しているバイク、それに鉄雄についてファンは語り合うだろうけれど、チヨコについて熱く語ってるのって俺だけのような気がする……!!




なんてことを電話でひたすら語っていたのである(笑)。




この映画をはじめ、『ブレードランナー』とか80年代に作られた近未来SF作品の世界観って大好きだな~。

なんか、80年代臭さを残しつつも、一方ではめちゃ未来的な雰囲気が漂っているというギャップが好きだったりする。






明日からはまた音楽話に戻ろ(笑)。









金田のテーマ
https://youtu.be/hpDvtIt6Lsc


夜の暴走シーン
https://youtu.be/8NeZFsW3HgI


f:id:shoegazer1990:20190228232823j:plain

AKIRA 〈Blu-ray〉

AKIRA 〈Blu-ray〉

AKIRA 〈DTS sound edition〉 [DVD]

AKIRA 〈DTS sound edition〉 [DVD]

【番外編】“新しいイヤホン”の巻

今回は、近況を2つほどだらだら書いていこ。












最近またイライラが酷い!



あまりに下らないことでイライラしてる。



……と自分でも分かっているんだけど、一度怒り出したら止まらない!



社会なんて納得いかないことだらけだと分かっているし、細かいことにいちいちムカついてたらキリが無いと思ってるんだけど、それでも一旦スイッチが入るとダメだなぁ……(汗)。





……な~~んてことで今週はずっと過ごしてたんだけど、そんな時に頼りになるのがやはり友達の存在やね。



たくさんの人達に支えられていると実感している中で、特に今の自分に一番力になってくれている人が、僕には3人いる。


Kさん、Eさん、Fさんの3名は、僕が落ち込んでいる時やイライラしている時に愚痴を聞いてくれたり、対処法を一緒に考えてくれたり、最後は前向きになれるまで言い合える人達で、本当に感謝している。


その人達のおかげで何とか心のバランスを保てているんじゃないかな、と最近思っている。


昨日はKさんが心配してくれ、今日もEさんが会いに来てくれてたくさん話し合い、最後にはスッキリと昇華できた。



この場を借りて、改めて感謝!!




スッキリした途端、『俺は何でこんなアホなことでイライラしてたんやろ?!』と、何だかバカらしくなってきた。


ホント、イライラしてたら人生損するから、ストレスの元を出来る限り作らないように努力しなきゃ、と考えてしまう今日この頃なのである(笑)。











……ということで、もうひとつの話。











昨日、スマホに付属していたイヤホンが壊れた。



寿命だったんだろう。右耳側が聴こえなくなったので、新しいイヤホンに買い換えることにした。



今まで使っていたイヤホン、ありがとう!




とりあえず、100均で新しいのを購入した。




……んがっ!




コレがちょいと僕の耳には合わんかったので(汗)、さっきまた新しいのを買いに行ってきたのである。



試聴コーナーがあったので聴き比べしていたら、ホント、イヤホンってピンからキリまであるな~~。


一番高い12,880円のイヤホンはダントツで良い音を出していた。


……って、そりゃそんなに高いのにショボい音なワケがねぇ!!



さすがに予算オーバーなので、他のを何度も何度も聴き比べて決めたのが、オーディオテクニカハイレゾ音源対応イヤホンだ。


f:id:shoegazer1990:20190228013348j:plain




これで筋トレ中もまた音楽が聴ける!!


新しいイヤホン、大事にしよ。










……というワケで、今日の1曲。



バーナード・バトラーの“The Sea”。


シングル“Stay”のB面曲で、ピアノとアコースティックギターをバックにバーナードが歌い上げる、しっとり系の隠れた超名曲。


この曲を聴いて眠りに就こう。



ホント、イライラしたらあかんよ、俺!








Bernard Butler / The Sea
https://youtu.be/YGLvoc5qwjQ


f:id:shoegazer1990:20190228013252j:plain

Yoshimi Arts “佐藤未希『この顔をみたことがあるか』”

2019年2月24日(日)、大阪市内にあるアートギャラリー“Yoshimi Arts(ヨシミアーツ)”にて、佐藤未希『この顔をみたことがあるか』へ行ってきた。


f:id:shoegazer1990:20190225222456j:plain


たまたまネットを見てヨシミアーツを知り、開催中だった佐藤未希さんという方のこの作品に惹かれ、イベント最終日にギリギリ間に合ったというわけだ。





f:id:shoegazer1990:20190225220843j:plain


ビル内にあるギャラリーへ。





f:id:shoegazer1990:20190225221025j:plain
f:id:shoegazer1990:20190225221125j:plain
f:id:shoegazer1990:20190225221149j:plain
(ブログに掲載する許可を得ています)







ギャラリー内へ入った瞬間、今まで見たことが無い作品たちに心を奪われてしまった。







f:id:shoegazer1990:20190225222013j:plain
f:id:shoegazer1990:20190225222050j:plain
f:id:shoegazer1990:20190225222124j:plain
f:id:shoegazer1990:20190225222146j:plain
f:id:shoegazer1990:20190225222211j:plain
f:id:shoegazer1990:20190225224752j:plain
f:id:shoegazer1990:20190225222332j:plain
f:id:shoegazer1990:20190225222419j:plain






透明感があり、幾重にも重なる目や唇、鼻……。



1枚1枚の絵に哀しみや恐怖を感じたり、また、生命を感じたり。



正気も、狂気も、神秘も、全てが一体となっているようだった。







作品のひとつひとつをよく見ると、キャンバスの横側にまで描かれている。


f:id:shoegazer1990:20190225222709j:plain
f:id:shoegazer1990:20190225222734j:plain
f:id:shoegazer1990:20190225222802j:plain







作品展の『この顔をみたことがあるか』は、これ以上無いタイトルだと感じた。





今までに見たことが無い顔たち。





だけど、毎日生きている中で目にしている顔たちにも見える。









個人的な感想だけど、この方の作品には僕の大好きな4ADレーベルの音楽に通ずるものがあり、とりわけコクトー・ツインズの世界観を想起させてくれた。



ネットで偶然知り、好奇心の赴くままに行って大正解だった。


ギャラリーノマルに続き、また新しい、大きな刺激を受けた。


調べてみれば、今回のように面白そうなイベントをやっている所がたくさんあるようなので、またいろんな所へ足を運んでいきたい。






f:id:shoegazer1990:20190225224242j:plain

Kinski vs Acid Mothers Temple Japan tour 2019(2019.2.23)

f:id:shoegazer1990:20190224215814j:plain

2019年2月23日(土)、大阪は南堀江にあるライブハウス“SCORE FACTORY”にて、河端一(かわばた・まこと)さん率いるAcid Mothers Temple(アシッド・マザーズ・テンプル)と、アメリカはシアトルのバンドKINSKI(キンスキー)を観に行ってきた。




ライブハウスへ向かう直前、当ブログの読者である“Kさん”から連絡が入り、僕の記事と毎回添付している音源を聴いてるうちに興味を持ってくれたとのことだ。

彼女はロックのライヴは初めてとのことで、まさかのアシッド・マザーズ・テンプルとは……!!

『何の先入観も無い人がコレ観たらどうなるんやろ?!』

……という化学反応を僕も見てみたくなった(笑)。









SCORE FACTORYは初めての会場で、ステージが他のライブハウスよりも高めに設定されていた。








定刻の19時になり、最初の1時間はDJのセットで、これだけでも十分過ぎるほど気持ち良よく、サーチライトが会場内を盛り上げてくれた。


f:id:shoegazer1990:20190224221245j:plain
f:id:shoegazer1990:20190224221335j:plain
f:id:shoegazer1990:20190224221411j:plain
f:id:shoegazer1990:20190224221432j:plain


既に踊りまくっている人達もいて、完全にクラブ化していたな。








20時過ぎになり、キンスキーが登場。


いきなりエレクトリックフルートを吹き初め、スモークがかったステージでインストゥルメンタル曲(←歌無しの曲という意味)で幕を開ける。


f:id:shoegazer1990:20190224221817j:plain
f:id:shoegazer1990:20190224221844j:plain
f:id:shoegazer1990:20190224221918j:plain
f:id:shoegazer1990:20190224221959j:plain


約1時間のステージでインスト曲が半分、ボーカル曲が半分くらいの構成で、ギタリスト2人とベーシスト1人が交代しながら歌っていた。

ロックンロールナンバーからハードコアパンク、それに北欧っぽいへヴィーメタルサウンドも聴かせてくれた。

ただ、1時間のステージが少しばかり長く感じたのが正直な感想だ。









ラストに登場したのは、昨年末に初めて観てブッ飛びまくった最強アシッド・マザーズ・テンプル。


f:id:shoegazer1990:20190224222828j:plain
f:id:shoegazer1990:20190224222852j:plain
f:id:shoegazer1990:20190224222926j:plain
f:id:shoegazer1990:20190224223001j:plain
f:id:shoegazer1990:20190224223025j:plain


開始1秒で“格の違い”を見せつけてくれる。

いきなり僕たち観客を宇宙へと連れていってくれた。

圧倒的、としか言いようが無い。

何でこんなに凄いバンドが2,000~3,000円のチケ代で観られるんだろ?!……と不思議でしょうがない。

しかも、会場は100人も入ってなく、せいぜい60~80人程度といったところか。







…………ありえへん!!!!







このブログを読んでいる皆さん、本当に凄いので、騙されたと思って一度でいいからアシッド・マザーズ・テンプルのライヴを観てほしいです。

僕のブログの読者ってきっと音楽好きな人が多いだろうし、それも洋楽を中心にかなりいろんな音楽を聴かれている方が多いと思っている。

「どうせ日本のバンドだろ?」なんて思わないでほしい。地球を代表するサイケデリックバンドだと思っているし、CDなどの音源も良いけれど、実際に生で観て、彼らの超爆音&超宇宙を体感してほしい。音楽の好き嫌いとかジャンルがどうこうとか、そんなのよりも先に“魂”が反応するはずだ。

メディアで取り上げられない理由も僕は河端さん本人から直接聞いているし、彼らは我が道をひたすら突っ走っている、本物のプロフェッショナル集団だ。

こんなに凄いライヴ体験が日本で、しかも狭いハコで観られるなんて、本当に贅沢なことだ。







アシッド・マザーズも約1時間の演奏だった。


去年のワンマンは2時間半ぶっ続けでやっていたから、彼らからすれば朝飯前だろう。







ライヴ終了後、Kさんに感想を聞くと「…………凄い……!!」と一言。


これが当たり前のライヴやと思われたら逆に困る(汗)。




こんなライヴ、そうそうお目にかかれないよ、ホントに。





f:id:shoegazer1990:20190224224930j:plain

RINGO DEATHSTARR live at FANJ twice(2019.02.22)

2019年2月22日(金)、大阪は心斎橋にあるライブハウス“FANJ twice(ファン・ジェイ・トゥワイス)”にて、リンゴ・デススター(Ringo Deathstarr)のライヴに行ってきた。


f:id:shoegazer1990:20190222182521j:plain


今回は4年ぶりの来日ということで、彼らのデビュー作“SPARKLER(スパークラー)”10周年の“完全再現ライヴ”だ。

去年のMEWといい、最近はバンドを代表するアルバムを曲順通りに演奏するライヴが増えたが、『スパークラー』は僕も大好きな作品なので、非常に楽しみだ。





f:id:shoegazer1990:20190223061514j:plain

FANJ twiceには何年ぶりか分からないぐらい久しぶりに来たんだけど、倉庫のような、裏格闘技の試合でもやってるかのような雰囲気が独特で面白い。
(もちろん、実際には格闘技なんてやってないでしょうが 笑)







定刻の19時を少し過ぎて、バンドメンバーが登場。




第1部が『スパークラー』完全再現で、第2部がベスト選曲という流れでライヴは進行していった。



f:id:shoegazer1990:20190223061617j:plain
f:id:shoegazer1990:20190223061653j:plain
f:id:shoegazer1990:20190223061802j:plain



もう、出てきた瞬間からベーシストのアレックス・ゲーリング嬢に視線が釘付けになってしまった。

今は知らないが、昔はバンド活動の傍らモデル業もやっていたという彼女。そんじょそこらのハリウッド女優より全然キレイなんじゃねえの?!と、正直思ったほど美しかった。


f:id:shoegazer1990:20190223061931j:plain


スラリとしてルックスも申し分無く、それでいて綺麗なのにウサギがピョンピョンと飛び跳ねるように小刻みに脚や腰、それに身体全体を動かしている姿は超キュートという……。

しかも、これだけ綺麗な長身美女が重たいリズムの爆音ロックを微笑みながら演奏するんだから、そのギャップにも萌えてしまった。






何だ、この反則な生き物わ?!(笑)





アレックスちゃんが最強すぎて、他のメンバーを観ても、自然とまたアレックス嬢に視線が戻ってしまう。

こんなのは初めて観たローリング・ストーンズのミック・ジャガー以来だったわ、マジで!




……と、アレックスのルックスばかり書いてるけど(汗)、ベースも曲によってはかなりメロディーを弾いてたりして、シンプルなリズムを刻む時もロックしてるし、華やかな見た目だけでは終わらなかった。


f:id:shoegazer1990:20190223062140j:plain
f:id:shoegazer1990:20190223062303j:plain
f:id:shoegazer1990:20190223062353j:plain


ギター&ボーカルのエリオット・フレーザーはマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズが生み出した“トレモロアーム奏法”を駆使し、空間を歪めるような轟音ギターを鳴らし続ける。

ドラムのダニエル・コボーンも隙間無く連打し続け、3人だけの演奏なのに音は十分過ぎるほど分厚かったのも良い意味で裏切られた。

そして、シューゲイザーだけでなくフガジなどのハードコアパンクにも影響を受けたという彼らの持ち味は、音源だけでは伝わりきらず、こうして実際にライヴで観て、肌で感じてみないとその凄さに気付けなかった。



f:id:shoegazer1990:20190222220831j:plain
f:id:shoegazer1990:20190222220911j:plain
f:id:shoegazer1990:20190222220939j:plain
(幻想的なライトも世界観にピッタリ!)



MEWの時みたいに1部と2部の間に休憩があると思っていたが、『スパークラー』を全曲やり終えると、直ぐにそのままベスト曲へと流れていく。



ぶっちゃけ、リンゴ・デススターは『スパークラー』とその後に出た1stフルアルバム“COLOR TRIP”のみ好きで、他のアルバムはそんなに思い入れも無かった。

現時点での最新作である2015年発表の3rd“PURE MODE”も“Guilt”という曲がバリバリのシューゲイザーで、この曲だけが突出してるという印象しかなかったが、こうやって生で改めて聴くとへヴィーなハードコア系楽曲もホント良かった。

今まではマイブラやジーザス&メリー・チェインの二番煎じで終わってるだけのバンドかと思っていたが、実際はもっとやってる音楽性の幅が広い人達なんだと今更ながらに気が付いた。

あと、途中でクイーンの“We Will Rock You”も織り混ぜ、観客と一緒に合唱してたのも面白かった。







f:id:shoegazer1990:20190222224318j:plain
f:id:shoegazer1990:20190222224340j:plain
f:id:shoegazer1990:20190222224359j:plain

アンコールではギターのエリオットがコクトー・ツインズのTシャツを着て登場!






f:id:shoegazer1990:20190222235245j:plain



ホンッッット、最後の最後までアレックス嬢が超絶キレイやった!!
(他に言うこと無えのかよっ!笑)








いや~、シューゲって本っっっ当に良いモンですね!





それでは皆さん、サイナラ、サイナラ、サイナラ♪





淀川長治か!!







……って、俺!





ライヴレビューの終わりがコレで良いのか?!(笑)










Guilt
https://youtu.be/bAVv5G1jkW4


Starrsha
https://youtu.be/AcBA8hUUBLo


So High
https://youtu.be/MWWS6mXAvgY


Two Girls(LIVE)
https://youtu.be/64q3W1XbXtA


f:id:shoegazer1990:20190222235218j:plain
(当日のセットリスト)

SPARKLER (REMASTERED)

SPARKLER (REMASTERED)

SWERVEDRIVER(スワーヴドライヴァー)

f:id:shoegazer1990:20190219200119j:plain

今回は、90年代シューゲイザーバンドのひとつであるスワーヴドライヴァー(SWERVEDRIVER)について。

最近、毎日聴いてるのでここらで書いておこう。




前回のブログでシューゲイザーの思い出話を少しさせて頂き、その当時にもちろんスワーヴドライヴァーの1stアルバムも聴いていた。


f:id:shoegazer1990:20190220213418j:plain
(1st“raise”)


……が、このバンドに限っては、僕はそこまで熱心に聴かなかった。

ジャケットのアートワークも印象的で、何か特別なもののように感じたのに、だ。

このアルバムも例に漏れず一度売り払い、だいぶ経ってから買い直した作品なんだけど、それでもなかなか良さが分からなかった。

アルバムだけでなく、歌も楽曲自体も僕の知っている“シューゲイザー”というジャンルとはまた違っているように感じ、どちらかというと“グランジ”と呼ばれる90年代のアメリカンオルタナティブロックの匂いに近い感覚だった。

好きな曲もあったけど、全体的な印象としてはアメリカっぽいような、イギリスっぽいような……どっちつかずのようにも感じて、僕にとっては中途半端な位置付けにあったんだと思う。


何でスワーヴドライヴァーが他のシューゲバンドみたいにハマらなかったのかを自分なりに考えてみると、やたらと“男臭さ”を感じたのもあったんだろう。




シューゲイザーって本当に曖昧な音楽ジャンルで、人によっては「このバンドはシューゲじゃないだろ!」「いや、そうだろ!」と口論になることもよくあったりする(苦笑)。

そういう時、僕は「まあ、自分が思う通りでええやんか」と思って気にしないようにはしているが、ロックリスナーって自分も含めホント頑固な人が多いので(汗)、本気でケンカになったりすることもあるから面倒くせぇのだ(笑)。
(そう言う俺も面倒くせぇ!笑)





話が脱線してしまったが、そんな“男臭い音”を出しているスワーヴドライヴァーを、なぜ今になってガッツリ聴いてるのか?

それは、何年か前に友人からこのバンドの2nd~4thアルバムを焼いてプレゼントしてもらい、最近また聴き返すようになったからだ。

1stアルバムは以前に買い直してはいたが、2nd以降は未聴だったので、初めて聴く“新たなスワーヴドライヴァーの音”は今でもかなり新鮮で、しかも、僕としては2ndアルバム以降の方が音楽的にも好みだった。


f:id:shoegazer1990:20190220224230j:plain
f:id:shoegazer1990:20190220224241j:plain
f:id:shoegazer1990:20190220224120j:plain
(上から2nd、3rd、4thアルバム)


2ndは1stの頃みたいな面影を残しつつも、楽曲は“男臭さ”が後退し、より聴き易くなっているように感じる。しかも、クオリティーが高い。

3rd、4thになると自慢のディストーションサウンドは影を潜め、もう完全にシューゲイザーっぽさも無くなってはいるが、それでも音楽的な広がりや深みは増していて、この2枚も間違いなく“隠れた名盤”に入る。

特に、4th“99th Dream”は当時全盛を極めていたオアシスとティーンエイジ・ファンクラブのポップさもありつつ、アダルトな雰囲気をも醸し出している最高の1枚だ。
(しかも、ジャケがまた最高!)




バンドは“99th Dream”を発表した後に解散したが、2008年に再結成し、つい先日にも通算6枚目のアルバムを発表するなど、今も元気に活動している。





「シューゲイザーかどうか?」……そんな野暮なことで口論になるなんて、ハッキリ言って僕にはどうでもいいことだ。



ただ、そこには“最高にカッコイイ音楽”が鳴り響いている。



それで良いじゃないか。






Duel
https://youtu.be/b0DTBOQOdf4


99th Dream
https://youtu.be/v_JverhHmjc


Rave Down
https://youtu.be/ro4Pc6snJMI


f:id:shoegazer1990:20190219200134j:plain

“僕とシューゲイザー”の巻

f:id:shoegazer1990:20190218204723j:plain
(今日撮った写真。うっすらと飛行機雲が見える!)





“シューゲさん”というハンドルネーム、これは僕自身、大のお気に入りだ。

この名前の由来は、もちろん音楽ジャンルのひとつ“シューゲイザー”から来ている。

当ブログ内でもう何度も書いてるかもしれないが、シューゲイザーには特別な感情を抱いている一人だ。

そんな僕が、恐れ多くもシューゲイザーにちなんだあだ名で皆が呼んでくれるようになり、誇らしくも感じている。





……というワケで、今回はそのシューゲイザーについての思い出話を少し書いていこう。




それは、孤独な十代も終わろうとしている頃。


ライドの1st"nowhere"を初めて聴いた瞬間、まるでジャケットアートに描かれている“波”が襲ってくるような衝撃を受けたのがそもそもの始まりだった。

たまに、『ああ~~……もう一度記憶を無くして、このアルバムを初めて聴いた時の衝撃をまた体感したいなぁ……』なんてことを、今でも本気で考えてしまう。

それぐらい、僕にとっては人生の中で重要な出来事だった。

ライド、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ラッシュ、スロウダイヴ……どれを聴いても、崇高で、尊い。

こんな体験は、今までに無かった。


ただ、あまりに幽玄なサウンドのために、当時の僕には幽体離脱するような状態に陥ってしまい、仕事中も頭の中でシューゲイザーサウンドが鳴り止まなくなり、何に対しても集中できなくなっていった。

『これはヤバイ……!!』と本気で悩み始めた僕は、圧倒的に優れた音楽だと分かっていながらも“シューゲイザー”を封印することにしたのだ。

仕事でミスもし始めたし、私生活にまで悪影響を及ぼすようになってしまってはどうしようもなかったからね。




それからも音楽はずっと聴き続けていたが、ライドとマイブラ以外は全て処分し、残ったその2バンドを聴く時も、以前のようにガッツリと向き合わなくなり、“軽く”聴き流していた。

なんというか、また現実と向き合えなくなるのが怖かったんだと思う。





そうやってシューゲイザーから一旦離れた僕だったが、その数年後、意外な出来事があった。


自動車の運転免許を取得するため兵庫県のド田舎の合宿所へ3週間行くことになり、そこへ僕はローリング・ストーンズのTシャツを着ていった。

すると、それを見た一人の男の子“M君”が「ロック好きなんですか?」と声を掛けてきて、話をすると「僕はニルヴァーナが好き」と彼は答えた。

何だか二人とも嬉しくなり、その場でM君と意気投合し、僕が自分の部屋へ戻ると直ぐに訪ねて来てくれた。





「ニルヴァーナが好きってことは、90年代のアメリカが好きなんよね?」とM君に聞くと、「いや、どっちかというとイギリスの方が……」と彼は言いにくそうに答える。



「じゃ、ストーンズとかビートルズが好きなん?」と、僕。



M君「いや……もっと後の方……。90年ぐらい……」



僕「ストーン・ローゼズ?」



M君「いや……」



僕「ライド?!」



M君「…………」



僕「マイブラ!!」



M君「……………………!!!!」





その時のM君は、まるでマンガのように口をあんぐりと広げていた(笑)。




M君「まさか、シューゲイザーを知ってる人がおるなんて!!」



彼は驚いていたが、僕も同じだった。



だって、その頃の音楽シーンではシューゲイザー自体もう“過去の遺物”のような存在で、当時は周りに洋楽ファンはいてもシューゲイザーを知っている者なんて一人も居なかったほど、完全に“死語”と化してたからだ。



この時、お互いに初めて同じシューゲイザーファンと出逢ったので、がっちりと握手を交わした(笑)。




ちなみにこのM君はサッカーも好きで、スペインリーグのバルセロナが好きというのも全く同じで、二度ビックリだった(笑)。

この頃はバルサなんて日本で今みたいに報道されていなかったのに。




彼は僕よりもずっとシューゲイザーに詳しくて、コールター・オブ・ザ・ディーパーズやクライフ・イン・ザ・ベッドルームをはじめとする日本のシューゲイザーシーンについてもたくさん教えてくれた。

M君はMDウォークマンを持参してきていて、そこには未知のシューゲイザーがたくさん収録されていて、嬉しそうに僕に聴かせてくれた。

『日本にもこんなシューゲバンドたちが存在してたんだ!!』と僕も驚愕し、ディープな音楽話を中心に、ずっと一緒に夜遅くまで毎日話し込んだ。




そして、彼はライドの『ノーホエア』もMDで持ってきていたのだ。


ド田舎で教習時間以外は何もやることがなかったので、M君は「ウォークマンとライドのMD貸してやるぜ!!」と気前よく僕に渡してくれた(笑)。





教習所のレンタル自転車で、何も無い田舎道を走り抜ける。



イヤホンからは『ノーホエア』が爆音で流れる。




“nowhere” =



“どこにも~ない”、



“実在しない場所”、



“どこか分からない所”




この、何も知らない田舎道を駆け抜けるのに、これ以上ピッタリくるBGMは無いだろう。





8曲目“Vapour Trail”を聴きながら、空に浮かぶ飛行機雲を見上げたあの瞬間は、一生忘れられない思い出だ。









Ride / Vapour Trail
https://youtu.be/pVhNi5cU8mo


My Bloody Valentine / Come In Alone
https://youtu.be/-JjkQmPI9qs


Lush / Thoughtfroms(LIVE)
https://youtu.be/YPjGcHMGiTk


Slowdive / Catch The Breeze(LIVE)
https://youtu.be/b-ypXdiyG54







……最後に、またライドのカバーで良い音源を見つけたので載せときます。これも思いっきりシューゲイズしてる!


Dreams Burn Down(COVER)
https://youtu.be/cgYg1zdP2s0


f:id:shoegazer1990:20190218204749j:plain

映画『ノーザン・ソウル』

f:id:shoegazer1990:20190217225622j:plain

怒涛の連続ブログ、第2弾!

(……って、アシッド・マザーズの河端さんのパクリです 笑)









2019年2月17日(日)、シネマート心斎橋にて公開中の映画『ノーザン・ソウル』を観賞してきた。
(ネタバレは極力しないのでご安心を!)


f:id:shoegazer1990:20190217201729j:plain
f:id:shoegazer1990:20190217222034j:plain
f:id:shoegazer1990:20190217222207j:plain




舞台は1974年のイギリス。


誰も知らない、ヒットチャートにも上がらないような“隠れたソウルミュージック”を見つけ、ターンテーブルに乗せ観客を熱狂させるDJの話。



冴えない学生の主人公だった青年ジョンが、DJをやっているマットと出逢うところから物語はスタートする。

彼に影響を受けてオシャレに目覚め、体を鍛え、ダンスを覚えて自信がついていく過程がとても魅力的で、『あぁ……やっぱ、人との出逢いって大事だよなぁ』とものすごく共感してしまった。

ホント、今の自分を形成しているのって、周りの人たちを見れば分かるからね。優しい人の周りには、優しい人たちがいてるし。俺もネチネチしたらあかんな~~……と、最近ものすごく反省中なのである。
(ち~~ん 汗)





映画のタイトルにもなっているノーザン・ソウルという名前を僕が初めて知ったのは、ザ・ヴァーヴの2nd“A Northan Soul”がキッカケだったけど、今回の映画を観てようやくどういうものかが分かった。



それにしても、“DJが誰も知らないレコードを見つける”……ただそれだけなのに、これだけ人間ドラマが描かれていることに脱帽してしまった。






この映画は2014年にイギリスで公開され、5年後にようやく日本でもこうして劇場公開された作品だ。


そこには、映画を制作したスタッフのみならず、日本公開を実現させてくれた映画関係者の“熱量”も僕には感じられた。


映画ファンはもちろん、UKロック好きやソウルミュージック好きにもお勧めできる。


自分とは関係の無い他愛もない話のようで、実は、そこには多くの人たちの“ドラマ”を感じさせてくれる、そんな作品だ。







『ノーザン・ソウル』予告編
https://youtu.be/I69kg6sVdCI


Billy Butler / Right Track
https://youtu.be/1-2ODywKOIg


f:id:shoegazer1990:20190217222235j:plain
f:id:shoegazer1990:20190217222256j:plain

Gallery Nomart “Gather - Gift”オープニング・パーティー

2月16日(土)、大阪市内にあるギャラリーノマル(Gallery Nomart)にて、オープニングイベントに行ってきた。


f:id:shoegazer1990:20190217225937j:plain


今回は稲垣元則氏、今村源(はじめ)氏、それに田中朝子氏の3名が作品とアイデアを持ち寄ったイベントだ。




f:id:shoegazer1990:20190217205151j:plain
f:id:shoegazer1990:20190217205226j:plain
f:id:shoegazer1990:20190217205301j:plain
(イベントが始まる前、誰も居ない時に写真を撮らせていただきました。感謝!)




会場内に入った瞬間、「おおおぉぉ~~~っ!!」と童心に還ったような、まるで生まれて初めて遊園地にでも行ったかのような雄叫びを挙げてしまった(笑)。

何となく、今回の企画は作家さんたちの“遊び心”があるように感じた。








オープニングイベントの時間になると大勢の人が集まり、3名の作家さんとオーナーの林聡さんで約1時間のトークが始まった。


f:id:shoegazer1990:20190217213836j:plain


“Gift”ということで、作家さんたちは「それぞれ“贈り物”を届け合った」と言われ、稲垣氏はCDを、今村氏は雲の映像が入ったUSBメモリなどを、そして、田中氏はうまい棒や漫画などを(←ナイスセンス!笑)。送られてきた物を自身の作品に使ったりしており、やはり、そこには遊び心があった。


三者三様の世界観なのに、何故だか分からないが不思議と統一感があったのも印象的だ。


時折、笑いを交えながらも“Gather - Gift(集まる - 贈る)”というテーマに対し、深い話が繰り広げられた。








二次会にも参加させていただき、芸術の話だけでなく、他愛もない話もたくさんしては皆笑いあっていた。






f:id:shoegazer1990:20190217214051j:plain
(田中朝子さん(左)の写真集『♭(フラット)』と一緒にパシャリ♪)






f:id:shoegazer1990:20190217223619j:plain
(ノマルオーナーの林さんも一緒にパシャリ♪笑)






ホント、この空間に居てるだけでヒーリング効果を得られてるんじゃないかというぐらいアットホームな雰囲気に包まれていて、作家さんやノマルのスタッフ、それに僕たちファンも皆、立場も何もそこには存在していなくて、ジョークやツッコミを入れたりと、お互いが“一人の人間”として認め合っているように見えた。






プラスオーラ、ポジティブオーラ全開(笑)。






皆の笑顔を見てるだけで幸せな気持ちになれたから、ここで得たプラスのエネルギーを今度は僕が周りの人たちへ送れるようになりたいと感じた、そんな夜だった。







f:id:shoegazer1990:20190217214250j:plain

映画『シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』

今回は、映画の話。……だけど、音楽の話も少しあり。


(この記事だけ読んだ人は分からないだろうから念のため当ブログの説明をしておきますが、普段はかな~~りマニアックな洋楽の話を中心に書いております。たまにこういう関係ない話も織り交ぜているので、そこのところヨロシク 笑)







2月15日(金)、大阪府内にある映画館で『シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』を観賞した。


f:id:shoegazer1990:20190216033657j:plain



(この日は1日いろんな出来事があったな……)




シティーハンターは漫画原作もアニメも終わってからファンになった僕だが、今回の映画は声優さんも昔と同じということで楽しみにしていた。



f:id:shoegazer1990:20190216034045j:plain
f:id:shoegazer1990:20190216034108j:plain
f:id:shoegazer1990:20190216040656j:plain



映画が始まった瞬間、冴羽りょうちゃんばりにモッコリ超興奮しちまったぜぃ!!(笑)



映画の舞台は相変わらず新宿で、2019年の現代となっている。

りょうちゃんも牧村香も昔と変わらなかった。




今回、約20年ぶりのアニメ『シティーハンター』が劇場公開されると聞いて本当にビックリした。

漫画で続編にあたる『エンジェルハート』が存在しているので、純粋な『シティーハンター』の続編が作られるなんて思いもしなかったからだ。

僕は“香が死んだ”という設定はショックすぎて『エンジェルハート』を受け入れられなかった1人なので、あっちは全く関係ない話だと思って読んでいた。
(作者の北条司先生も「パラレルワールドとして楽しんでいただけたら」と発言してるし)




実は、僕が初めて買ったCDがこのシティーハンターのエンディングテーマだった『Get Wild』のシングルなのだ。


う~~ん、懐かしい思い出(笑)。



今回の映画でも当時のアニメで流れていた楽曲がたくさん使用されていて、TMネットワークの曲はやっぱ良いと思ったよ。

というか、小室哲哉はやはり天才だな。



『Get Wild』も好きだけど、『Self Control』や『STILL LOVE HER(失われた風景)』の方が好きだったりする。

特に『STILL LOVE HER』を劇中で久々聴いたら、懐かしい思い出が甦ってくるような名曲だと改めて感じたね。




シティーハンターとTMネットワークの楽曲って相性バツグンだな、うむ。








STILL LOVE HER(失われた風景)
https://youtu.be/1pOtmczeHHw


Get Wild
https://youtu.be/Zd2JtQHQ2hg


f:id:shoegazer1990:20190216040739j:plain