シューゲさんのまったり音楽日記

I'm “Shoege san”. I'm music bloger. 個人的にお勧めの音楽やライブ体験記、それに日常の面白そうな出来事をひたすら書き連ねてます。コメントを頂いたら、お返事できそうなものだけさせていただくので、宜しくお願いします。

【過去のLIVE日記】PRIMAL SCREAM Live At Zepp Namba(2013.11.7)

f:id:shoegazer1990:20181128222438j:plain

2013年11月7日、大阪はゼップ難波にて行われたスコットランドグラスゴーのバンド、プライマル・スクリーム(PRIMAL SCREAM)のライヴへ行った時の話。


このライヴのチケットは某サイトからプレゼントされたもので、それも【1組2名】という超難関をくぐり抜けて頂いた。

というのも、プレゼントの条件として「当サイトへの感想やプライマル・スクリームへの思いなどを書いて下さい」とあり、そこで思いの丈を書きなぐったら、見事に当選したというわけ。



しかし、実はというとプライマルのCDは昔持ってたけど、当時の僕にはどうにものめり込めなかった。

プライマル・スクリームは通称“カメレオンバンド”とも言われるぐらいに音楽性の幅が広く、アルバム毎に全く違うアプローチをしていたので、不器用な性格の僕にはどうにも苦手意識があったのかもしれない。

ローリング・ストーンズから洋楽に入ったのも災いしたのか、94年作“Give Out But Don't Give Up”をはじめとする完全ロックンロールモードの彼らを聴いても『あまりにストーンズに似すぎている』となり、しかもその前後にはハウスやエレクトロニカなど全く別のアルバムを発表していたのに抵抗があったんだと思っている。




そんな“プライマルは苦手”な僕だったが、バンドを代表する91年作“SCREAMADELICA”なんかは『多分、これってライヴやクラブで聴いたら感じ方が変わるんじゃないかな』とずっと思っていて、この時に当選したチケットは何だか運命的なものを感じずにはいられなかった。





そんなワケで、ゼップ難波で実際にこの目で観て、生で聴いた彼らのライヴはどうだったか。




ライヴが始まり、いきなり派手なギンギラのシャツを着たボーカルのボビー・ギレスピーが歌いながら登場し、当時の最新作“MORE LIGHT”を中心としたセットリストでライヴは進行していった。


f:id:shoegazer1990:20181128224804j:plain
(アルバム『モア・ライト』)

このアルバムジャケット通り、両手親指を突き立てては頬っぺたを膨らまして「プンプンッ!!」というキモかわいいポーズを何度もキメていたボビー(笑)。


正直、『なんじゃこのポーズわ?!』と呆気にとられたが(笑)、ライヴが進むにつれて観慣れてきたのか、僕をはじめファンの皆が“プンプンポーズ”をボビーと一緒にいつの間にかやっていた(爆)。



……う~~む、この不思議な力がロックンロール!




僕が観ていた位置はギタリストのアンドリュー・イネスの目の前5メートルほどの所で、反対側にはリトル・バーリー(LITTLE BARRLE)のボーカル&ギターのバーリー・カドガンが演奏していた。

バーリーのリード弾きまくりも凄かったが、それ以上に目の前でキース・リチャーズばりに弾いていたアンドリュー・イネスのタメの効いたカッティングをずっと聴いてるうちに『このバンドの音楽的な中心人物は、この人なんだ!!』と直感的に確信した。

バーリー・カドガンとアンドリュー・イネスのツインギターは凄まじく、まるで黄金期のストーンズのようにリードとバッキングがねちっこく絡み合う様は圧巻だった。

f:id:shoegazer1990:20181128231009j:plain



音楽性もアルバム毎に方向転換しまくりの“カメレオンバンド”だけど、ライヴを観ているうちにそのどれもが高水準の楽曲なんだ、という事実をこの時に思い知らされた。

そして、思っていた通り『スクリーマデリカ』の楽曲は最高にライヴ映えして、フロアー全体を激しく揺らしていた。


f:id:shoegazer1990:20181128231329j:plain



ライヴ終了後、ステージに居たスタッフからドラムスティックを頂き、それは今でも大切に部屋に飾ってある。


その後、直ぐにプライマルのアルバムを全て買い直し、今ではもちろん彼らが大好きで、この日のライヴを思い出してはCDラックから取り出して聴いている。



この頃は情緒不安定な時期だったのもあり、帰宅途中の車内で泣き崩れてしまった。

よっぽど精神的に不安定だったんだろうけれど、先のことなんか真っ暗闇で、何も見えなくてプレッシャーに押し潰されそうになっていた僕を、ほんの一瞬だけでも解放してくれた。




ボビー・ギレスピーをはじめ、プライマル・スクリームのメンバーやあの時のスタッフ、それにプレゼントしてくれた某サイトのスタッフに感謝している。



スペシャルな一夜をありがとう!!







Moving On Up(LIVE2013)
https://youtu.be/O8yq1Gykl1M


Shoot Speed Kill Light
https://youtu.be/wqOFfhuumFo


It's Alright, It's OK
https://youtu.be/Ty-IJ3qz-GE


Hither Than The Sun
https://youtu.be/YHjVIBDYgXg


f:id:shoegazer1990:20181128234511j:plain