シューゲさんのまったり音楽日記

I'm “Shoege san”. I'm music bloger. 個人的にお勧めの音楽やライブ体験記、それに日常の面白そうな出来事をひたすら書き連ねてます。コメントを頂いたら、お返事できそうなものだけさせていただくので、宜しくお願いします。

映画『ノーザン・ソウル』

f:id:shoegazer1990:20190217225622j:plain

怒涛の連続ブログ、第2弾!

(……って、アシッド・マザーズの河端さんのパクリです 笑)









2019年2月17日(日)、シネマート心斎橋にて公開中の映画『ノーザン・ソウル』を観賞してきた。
(ネタバレは極力しないのでご安心を!)


f:id:shoegazer1990:20190217201729j:plain
f:id:shoegazer1990:20190217222034j:plain
f:id:shoegazer1990:20190217222207j:plain




舞台は1974年のイギリス。


誰も知らない、ヒットチャートにも上がらないような“隠れたソウルミュージック”を見つけ、ターンテーブルに乗せ観客を熱狂させるDJの話。



冴えない学生の主人公だった青年ジョンが、DJをやっているマットと出逢うところから物語はスタートする。

彼に影響を受けてオシャレに目覚め、体を鍛え、ダンスを覚えて自信がついていく過程がとても魅力的で、『あぁ……やっぱ、人との出逢いって大事だよなぁ』とものすごく共感してしまった。

ホント、今の自分を形成しているのって、周りの人たちを見れば分かるからね。優しい人の周りには、優しい人たちがいてるし。俺もネチネチしたらあかんな~~……と、最近ものすごく反省中なのである。
(ち~~ん 汗)





映画のタイトルにもなっているノーザン・ソウルという名前を僕が初めて知ったのは、ザ・ヴァーヴの2nd“A Northan Soul”がキッカケだったけど、今回の映画を観てようやくどういうものかが分かった。



それにしても、“DJが誰も知らないレコードを見つける”……ただそれだけなのに、これだけ人間ドラマが描かれていることに脱帽してしまった。






この映画は2014年にイギリスで公開され、5年後にようやく日本でもこうして劇場公開された作品だ。


そこには、映画を制作したスタッフのみならず、日本公開を実現させてくれた映画関係者の“熱量”も僕には感じられた。


映画ファンはもちろん、UKロック好きやソウルミュージック好きにもお勧めできる。


自分とは関係の無い他愛もない話のようで、実は、そこには多くの人たちの“ドラマ”を感じさせてくれる、そんな作品だ。







『ノーザン・ソウル』予告編
https://youtu.be/I69kg6sVdCI


Billy Butler / Right Track
https://youtu.be/1-2ODywKOIg


f:id:shoegazer1990:20190217222235j:plain
f:id:shoegazer1990:20190217222256j:plain