シューゲさんのまったり音楽日記

I'm “Shoege san”. I'm music bloger. 個人的にお勧めの音楽やライブ体験記、それに日常の面白そうな出来事をひたすら書き連ねてます。コメントを頂いたら、お返事できそうなものだけさせていただくので、宜しくお願いします。

RINGO DEATHSTARR live at FANJ twice(2019.02.22)

2019年2月22日(金)、大阪は心斎橋にあるライブハウス“FANJ twice(ファン・ジェイ・トゥワイス)”にて、リンゴ・デススター(Ringo Deathstarr)のライヴに行ってきた。


f:id:shoegazer1990:20190222182521j:plain


今回は4年ぶりの来日ということで、彼らのデビュー作“SPARKLER(スパークラー)”10周年の“完全再現ライヴ”だ。

去年のMEWといい、最近はバンドを代表するアルバムを曲順通りに演奏するライヴが増えたが、『スパークラー』は僕も大好きな作品なので、非常に楽しみだ。





f:id:shoegazer1990:20190223061514j:plain

FANJ twiceには何年ぶりか分からないぐらい久しぶりに来たんだけど、倉庫のような、裏格闘技の試合でもやってるかのような雰囲気が独特で面白い。
(もちろん、実際には格闘技なんてやってないでしょうが 笑)







定刻の19時を少し過ぎて、バンドメンバーが登場。




第1部が『スパークラー』完全再現で、第2部がベスト選曲という流れでライヴは進行していった。



f:id:shoegazer1990:20190223061617j:plain
f:id:shoegazer1990:20190223061653j:plain
f:id:shoegazer1990:20190223061802j:plain



もう、出てきた瞬間からベーシストのアレックス・ゲーリング嬢に視線が釘付けになってしまった。

今は知らないが、昔はバンド活動の傍らモデル業もやっていたという彼女。そんじょそこらのハリウッド女優より全然キレイなんじゃねえの?!と、正直思ったほど美しかった。


f:id:shoegazer1990:20190223061931j:plain


スラリとしてルックスも申し分無く、それでいて綺麗なのにウサギがピョンピョンと飛び跳ねるように小刻みに脚や腰、それに身体全体を動かしている姿は超キュートという……。

しかも、これだけ綺麗な長身美女が重たいリズムの爆音ロックを微笑みながら演奏するんだから、そのギャップにも萌えてしまった。






何だ、この反則な生き物わ?!(笑)





アレックスちゃんが最強すぎて、他のメンバーを観ても、自然とまたアレックス嬢に視線が戻ってしまう。

こんなのは初めて観たローリング・ストーンズのミック・ジャガー以来だったわ、マジで!




……と、アレックスのルックスばかり書いてるけど(汗)、ベースも曲によってはかなりメロディーを弾いてたりして、シンプルなリズムを刻む時もロックしてるし、華やかな見た目だけでは終わらなかった。


f:id:shoegazer1990:20190223062140j:plain
f:id:shoegazer1990:20190223062303j:plain
f:id:shoegazer1990:20190223062353j:plain


ギター&ボーカルのエリオット・フレーザーはマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズが生み出した“トレモロアーム奏法”を駆使し、空間を歪めるような轟音ギターを鳴らし続ける。

ドラムのダニエル・コボーンも隙間無く連打し続け、3人だけの演奏なのに音は十分過ぎるほど分厚かったのも良い意味で裏切られた。

そして、シューゲイザーだけでなくフガジなどのハードコアパンクにも影響を受けたという彼らの持ち味は、音源だけでは伝わりきらず、こうして実際にライヴで観て、肌で感じてみないとその凄さに気付けなかった。



f:id:shoegazer1990:20190222220831j:plain
f:id:shoegazer1990:20190222220911j:plain
f:id:shoegazer1990:20190222220939j:plain
(幻想的なライトも世界観にピッタリ!)



MEWの時みたいに1部と2部の間に休憩があると思っていたが、『スパークラー』を全曲やり終えると、直ぐにそのままベスト曲へと流れていく。



ぶっちゃけ、リンゴ・デススターは『スパークラー』とその後に出た1stフルアルバム“COLOR TRIP”のみ好きで、他のアルバムはそんなに思い入れも無かった。

現時点での最新作である2015年発表の3rd“PURE MODE”も“Guilt”という曲がバリバリのシューゲイザーで、この曲だけが突出してるという印象しかなかったが、こうやって生で改めて聴くとへヴィーなハードコア系楽曲もホント良かった。

今まではマイブラやジーザス&メリー・チェインの二番煎じで終わってるだけのバンドかと思っていたが、実際はもっとやってる音楽性の幅が広い人達なんだと今更ながらに気が付いた。

あと、途中でクイーンの“We Will Rock You”も織り混ぜ、観客と一緒に合唱してたのも面白かった。







f:id:shoegazer1990:20190222224318j:plain
f:id:shoegazer1990:20190222224340j:plain
f:id:shoegazer1990:20190222224359j:plain

アンコールではギターのエリオットがコクトー・ツインズのTシャツを着て登場!






f:id:shoegazer1990:20190222235245j:plain



ホンッッット、最後の最後までアレックス嬢が超絶キレイやった!!
(他に言うこと無えのかよっ!笑)








いや~、シューゲって本っっっ当に良いモンですね!





それでは皆さん、サイナラ、サイナラ、サイナラ♪





淀川長治か!!







……って、俺!





ライヴレビューの終わりがコレで良いのか?!(笑)










Guilt
https://youtu.be/bAVv5G1jkW4


Starrsha
https://youtu.be/AcBA8hUUBLo


So High
https://youtu.be/MWWS6mXAvgY


Two Girls(LIVE)
https://youtu.be/64q3W1XbXtA


f:id:shoegazer1990:20190222235218j:plain
(当日のセットリスト)

SPARKLER (REMASTERED)

SPARKLER (REMASTERED)