シューゲさんのまったり音楽日記

I'm “Shoege san”. I'm music bloger. 個人的にお勧めの音楽やライブ体験記、それに日常の面白そうな出来事をひたすら書き連ねてます。コメントを頂いたら、お返事できそうなものだけさせていただくので、宜しくお願いします。

“新しい世界に足を踏み入れた頃の話”の巻

…………長げぇ~~~~タイトルだな(笑)。




というワケで、また最近感じたことを書き残していこうと思う。



ダラダラ書くので、お暇な時にでもご覧頂けたら嬉しいです。僕って人間がまた少し分かると思うので。










f:id:shoegazer1990:20190407232954j:plain





2019年4月6日(土)、またギャラリーノマル(Gallery Nomart)にて行われた大西伸明氏の個展へ行き、そこで色々感じたことを少し書きたいと思う。


f:id:shoegazer1990:20190407233225j:plain
f:id:shoegazer1990:20190407233302j:plain
f:id:shoegazer1990:20190407233328j:plain
f:id:shoegazer1990:20190407233400j:plain
f:id:shoegazer1990:20190407233420j:plain


この日はオープニングパーティーということで、大西氏のトークイベントが行われた。


僕は先入観を与えられてからアーティストの作品を見るのが好きじゃないので、実際にこの目で見るまではアーティストに関わる情報を出来るだけシャットアウトして展覧会へ行くようにしている。



今回、大西氏のトークイベントは特に印象に残った。

具体的に何が印象に残ったのかは自分でもよく分かってないんだけど、話している内容がご自身の作品であるにも関わらず「これは、ひょっとしたらこういう気持ちだったのかも……」なんて、作品を作り上げた時の状況を語っていて、何となく“トランス状態”や“ゾーン”と言われる状態に近い感覚でやっていたんじゃないかと感じた。


ノマルに通い始めてそんな風に感じたのは今までに何度もあったはずなんだけど、そんな自分に気付かず、昨夜になって初めて実感したというか。


“無意識に近い感覚”というのかな、ここに作品を展示されている方の多くにそれを感じる瞬間がある。
(もちろん、全ての作品がそういうわけでは無いけど)





最近、気付いたことがある。


僕がここでライヴを観ている時って自分でも不思議なくらいに言葉や文章が溢れ出てくるんだけど、帰宅してから“感じた時の、その瞬間”を出来る限り正確に書き残したいと思いながらスマホやPCに文章を打っている時、宙にフワフワと浮かんでいる文字や言葉を“掴むような感覚”でやっている、ということ。


本当に自分でも不思議なんだけど、“無意識に近い感覚”でやっている。そんな感じ。


ただ、なかなかピッタリくる文章が掴めずにいることもしばしばあるから、これが厄介だったりするんだけどね。


そうやって僕のライヴ記事ってのは完成させられていく。



だけど、音楽なら書けるのに、昨夜のようなアートに関しては、今の僕は書けないんじゃないかと感じた。

無理にでも書こうと思えば書けるんだろうけれど、なんか、ライヴを観た時のような自然な形にはならないような気がした。少なくとも現時点では。




ハッキリ言って、僕は評論家でも何でも無い。ただ、好きなものを好きなだけ書いている。それだけだ。

何故かというと、“評論家”と呼ばれる人が以前の僕はあまり好きでは無かったからだ。

もちろん、本当に素晴らしい記事を書いている人達もたくさんいるし、映画評論家の町山智浩さんや、以前にも書いた森脇美貴夫さんをはじめとする音楽評論家たちからの影響は絶大だったりする。

特に、町山智浩さんには僕なんかがどんなに背伸びしても敵わないほど造詣深い方で、あれだけの膨大な知識を分かりやすく人に伝えることが出来るのは天才だと思っている。




話が逸れてしまったけど、つまり、今の僕は絵画などの芸術作品に対してあまり知識も無い、とこのイベントで痛感させられてしまった。

一般の人よりは芸術分野について知っている。……が、専門的な知識は皆無という、非常に宙ぶらりんな状態だなと思わされてしまった。




しかし、だからこそ何の先入観も無く純粋に作品を楽しめているところがあるとも感じている。


高校生の頃、初めて海外ロックに興味を持った時の感覚を思い出させてくれて、未知のものに触れていくような、重い扉をゆっくり開けてくと無数の光が差し込んでくるような、そんな感じ。




最近、音楽だけでなく、何に対しても興味を持てるようにならないと、と改めて思うようになっている。


“学ぶ”っていうのは楽しいし、興味があるからこそいろんなものを吸収できるだろうしね。


もっともっと成長できると自分を信じているよ、うん。








……ということで、今夜の1曲。




またU2の曲で、“Sweetest Thing”。



この曲を聴いてる時、ロックに出合った頃のことをふと思い出したので。


今は色々と知識も身に付いてウンチク語ったりして(笑)、それはそれで楽しいんだけど、何も知らなかった頃のドキドキ感というか、あの瞬間の気持ちってのはこれから先もずっと忘れちゃいかんね。








Sweetest Thing
https://youtu.be/5WybiA263bw


f:id:shoegazer1990:20190408220506j:plain