シューゲさんのまったり音楽日記

I'm “Shoege san”. I'm music bloger. 個人的にお勧めの音楽やライブ体験記、それに日常の面白そうな出来事をひたすら書き連ねてます。コメントを頂いたら、お返事できそうなものだけさせていただくので、宜しくお願いします。

TEDESCHI TRUCKS BAND live at あましんアルカイックホール(2019.06.11)

2019年6月11日(火)、尼崎市のあましんアルカイックホールにて行われたテデスキ・トラックス・バンド(TEDESCHI TRUCKS BAND)のライヴレビュー。


f:id:shoegazer1990:20190614173242j:plain


2,000年以降に登場した中でも世界一有名なブルースギタリストであるデレク・トラックスが、奥さんのスーザン・テデスキと一緒に活動しているバンドだ。

こうやってライヴに行くと決めた時、ふと『そういや、超有名なプロのブルースライヴって今回が初めてかも……』なんてことを思いながら会場に向かっていた。

他に観た本格的なブルースギタリストってジョニー・ウィンターぐらいだったかもしれない。





f:id:shoegazer1990:20190614173302j:plain


会場へたどり着くと、お客さん層がかな~~り高くて圧倒されてしまったのである(汗)。

開演前の列に並びながら、『こういうシブイ音楽を熱心に聴いている人達って20~30代にはあまりいないんだろうな……』なんてことを考えていた。









ライヴは予定時間の19時ジャストに始まった。


f:id:shoegazer1990:20190614174551j:plain


1階席で観ていたが、う~~~~む……ビミョーに遠い!(汗)

初めて観たローリング・ストーンズよりも遠いかも……。俺が今まで観てきたライヴってけっこう近い場所で観てたんやなぁと再確認してしまった。


f:id:shoegazer1990:20190614175531j:plain
f:id:shoegazer1990:20190614175552j:plain


計12人編成の大所帯バンドで、ツインドラム、キーボード、ベース、コーラス&バッキングボーカルが3人、ホーンセクションが3人、それにボーカル&ギターのスーザン・テデスキとスライドギターのデレク・トラックスという、音楽的にも視覚的にもゴージャスなステージだ。



デレクはトレードマークとなっている赤いボディのギブソンSGを指弾きで、優しく“撫でる”ように弾いていた。

生で聴くデレクのスライドギターは極上のブルースサウンドで、指先から天に向かって飛翔していくように美しい。

その音を生で聴いていると、大好きで昔よく聴いたオールマン・ブラザーズ・バンドのスライドギタリスト、デュアン・オールマンの華麗なボトルネック奏法を思い出させてくれる。

デレク・トラックスをはじめジョン・メイヤーやゲイリー・クラークJr.など、こうやって2019年の現代でも伝統的なブルースを継承している人達がたくさんいるのは嬉しいし、貴重な存在だ。



スーザン・テデスキの歌ってほとんど聴いたことが無かったが、とにかくハスキーで声がよく伸びる。白人女性のカントリー/ブルースシンガーではミック・テイラーと一緒にやってたカーラ・オルソンが好きだけど、スーザンの声やギターソロはカーラに近いタイプだったので聴きやすかった。



f:id:shoegazer1990:20190614181112j:plain
f:id:shoegazer1990:20190614181137j:plain



僕はデレクがスーザンと結婚する以前に結成していた“デレク・トラックス・バンド”時代の音源はずっと前から聴いていて、2枚組ライヴ盤“roadsongs”を通勤中の車内でヘヴィロテしていた時期がある。アルバムに収録されていた代表曲の“Down In The Flood”が流れた瞬間に鳥肌が立つほどの興奮を覚え、この曲はいつか絶対に生で聴きたいとずっと思っていた。



そして、ライヴの5曲目。


デレクの静かなソロから“Down In The Flood”が始まり、この曲を聴いている間はもう夢見心地になっていた。

演奏が終わった瞬間、『もっと続いてくれ!』なんて寂しくなったほどだ。



f:id:shoegazer1990:20190614184017j:plain
f:id:shoegazer1990:20190614184036j:plain


ビッグバンドの演奏は完璧で、寸分の狂いも無い。

CDやSpotifyで聴いていたアレンジと基本的に同じはずなのに、こうして生で聴くとその瞬間にしか生まれないグルーヴがある。

特に、ホーンセクションやツインドラムの力強さは必聴で、会場内に流れるこの空気感まではパッケージングできないものだと感じ、改めてライヴの醍醐味を教えてくれた。




照明や演出もピタリと演奏に合わせてくる。



全てが完璧な、プロフェッショナルな集団だ。





f:id:shoegazer1990:20190614184826j:plain


アンコールを含め約2時間、最高のブルースを堪能することができた。




今回のライヴを観て、自分のルーツである古いロックンロールやブルースを思い出させてくれたな。


こうやって今でもブルースを受け継いでいる人達がいて僕らを熱狂させてくれるのは嬉しいし、他にも素晴らしいミュージシャン達がいるので、これからもライヴ会場へ足を運びたい。


きっと“その瞬間”にしか生まれない感動に巡り会えるだろうから。











Midnight In Harlem(LIVE)
https://youtu.be/6GkdCiqsFUI


Everybody's Talkin'(LIVE)
https://youtu.be/kiWbBC0SouU


Signs, High Times(LIVE)
https://youtu.be/3wQJkEl1xno


Down In The Flood
https://youtu.be/dt-_5Nct5HY


f:id:shoegazer1990:20190614185826j:plain
T6/29 12:30-22:00