シューゲさんのまったり音楽日記

個人的にお勧めの音楽やライブ体験記、それに日常の面白そうな出来事をひたすら書き連ねてます。コメントを頂いたら、お返事できそうなものだけさせていただくので、宜しくお願いします。

THE STOOGES(ザ・ストゥージズ)

皆さん、こんばんは。最近、夜中もほとんどずっと起きて色々やっているシューゲさんです。


いや~、主に読書などですが、読み始めたら止められない止まらない!かっぱえびせん食べながら頑張っておりますよ。
(……って、冗談のつもりで書いたはずなのに、さっきホントにかっぱえびせん食ってたし!笑)

他にもやることがあって、『今やらなきゃ一生後悔する!!』と自分にハッパをかけています。

おかげで日中眠たいけど、『人生懸けられるものがあるって何だか素晴らしいじゃないか!』……と思っています。






……というワケで、今回はTHE STOOGES(ザ・ストゥージズ)についてチョロッと書いていきます。


f:id:shoegazer1990:20180729034517j:plain
(3rd“RAW POWER”)

以前にも書いた通り、70年代後半に“パンクロック”というのがアメリカのニューヨークやイギリスはロンドンを中心に一大ムーヴメントになったんだけど、ザ・ストゥージズはパンクのプロトタイプ(“原型”という意味)として60年代末にアメリカでデビューしたバンドです。

同時期にMC5(エムシーファイブ)というバンドもいて、その2バンドが「パンクを創った」とも言われているとのことで、ストゥージズの楽曲は後のパンクバンド達にもたくさんカバーされているぐらい人気がある。



今回、ストゥージズのことを書こうと決めたのは、つい先日、バンド初のドキュメンタリー映画『ギミーデンジャー』をレンタルで観たからだ。

f:id:shoegazer1990:20180729035606j:plain

この映画、実は去年9月末に映画館へ観に行ったんだけど、開始30分ぐらいで強烈な睡魔に襲われて途中から爆睡してたので、内容を全く覚えてないんよね。目が覚めたらスタッフロールが流れる直前だったし……(泣)。



……で、今回改めてちゃんと映画を観て、その後に彼らのアルバムを聴き返し、所有している本にボーカルのイギー・ポップが当時を振り返った独占インタビュー記事があったので読んでいました。


僕がストゥージズを聴いたのってだいぶ後になってからで、それこそ70年代に登場したセックス・ピストルズラモーンズなどのパンクバンドを一通り聴いてからだったんだけど、それでもこのバンドは物凄いインパクトがあった。

ピストルズのボーカルだったジョン・ライドンの自伝『スティル・ア・パンク』にストゥージズの2nd“FUN HOUSE(ファン・ハウス)”のことが書かれていて興味をもち、聴いてみたら なんかもうテンション高過ぎて『血管ブチ切れるんじゃないの?!』というぐらいの“ヤバい空気”が充満しているアルバムだった。

f:id:shoegazer1990:20180729041213j:plain
(2nd“FUN HOUSE”)

実際、インタビュー記事を読んでたらイギー・ポップ本人が「気がついたらメンバー全員がひどいヤク中になっていた。もう24時間ずっとヤクのことばっかり考えてたよ」と語っていて、バッドトリップしている状態がそのまま音に表現されていたんだろう。


ドキュメンタリー映画には当時の貴重なライヴ映像も残っていて、終始ハイテンションで勢いのあるパフォーマンスを楽しめるので、気になった方は一見の価値ありですよ。

あと、今ではこういった激しいライヴで演者も観客も当たり前のようにやっている“ダイヴ”という行為も一番初めにやったのがこのイギー・ポップさんらしいです。




……あ、ちなみに俺はドラッグはもちろんのこと、酒も煙草もやりませんよ。

べつに真面目ぶってるつもりなんて全く無いけど、酒飲むと悪酔いして自分をコントロール出来なくなってしまうので止めました(苦笑)。

そして、酒を飲んで気分が良くなると普段は吸わない煙草もやりたくなり悪循環に陥っちゃうので、『これはもう飲まない方が良いな』とキッパリ止めたという。

酒に“呑まれる”タイプってのが一番厄介やからねぇ……。
(というか、アルコール入ってなくても「酔ってるの?!」とよく言われるヤツなので。笑)



ローリング・ストーンズキース・リチャーズをはじめ昔のロックミュージシャンがドラッグをやりまくって伝説になったりしてたけど、自分はそういうのに全く憧れなかったです。

自分がロックに格好いいと感じていたのはヘアースタイルやファッションを含む雰囲気、それに“自分に正直に生きる”という姿勢なので。そこには酒や煙草はもちろん、ドラッグは入ってないんよね。

そして、何よりも“音楽が良いかどうか”だね、やっぱり。ミュージシャンなのに音楽がダメだったら何も伝わるものが無いよ。

ドラッグやって他人に迷惑かけるのも嫌だし、そんなことで捕まったら大好きな音楽も聴けなくなるし。



……と、ここまで書いて ふと気付いたけど、ストゥージズというバンドを全否定してるし!!(笑)


いや、自分は“音楽”だけで完全にトリップできるし、その方が健全なので。


そんなワケで、これからもハイテンションになりたい時、僕はストゥージズを聴くのです。




Search And Destroy
https://youtu.be/0vnwSVTOnqQ


Down On The Street
https://youtu.be/85RSPV9Q-3s


I Wanna Be Your Dog
https://youtu.be/vwmU343eBu0


f:id:shoegazer1990:20180729050418j:plain