シューゲさんのまったり音楽日記

洋楽中心に1記事につき3〜5分程度で読める内容にしているので、気になったミュージシャンがいれば添付してある音源をご視聴頂けたら幸いです。コメントはお返事できそうなものだけさせていただくので、宜しくお願いします。

REVOLVER / Cold Water Flat (1993)

今回はリヴォルヴァー(REVOLVER)が1993年に発表した唯一のフルアルバム“Cold Water Flat”について書き綴る。


f:id:shoegazer1990:20210211195354j:plain


シューゲイザーという音楽が好きな人、または「シューゲイザーって何?けど、かっこいい音楽ないかな」と探している人、そういう人達は一度このアルバムを聴くべし。

今回ご紹介するリヴォルヴァーのアルバム“Cold Water Flat”は、間違いなく隠れた名盤だ。



ギター&ボーカルのマット・フリントを中心に結成したリヴォルヴァー

……だが、当時はブリットポップ前夜だったというのもあり、この手の音楽は注目されなかったのか?

ヴァーヴと同じHutレーベルからデビューしたにも関わらず、自然消滅したのはあまりにも勿体ない。



先日、久々にこのアルバムを聴き返してからずっとリピートしっぱなしなのである。

このアルバムのような疾走感は一番好きなタイプの音楽だ。

とにかく、聴いていて飽きない。

飽きないどころか、聴き終えたらまた最初から聴いて、無限ループできてしまう。

永遠に聴き続けられる1枚だ。



個人的に、次に挙げる4枚のアルバムには共通点があると思っている。

・RIDE “Nowhere”

・REVOLVER “Cold Water Flat

・MY VITRIOL “Finelines”

・AMUSEMENT PARKS ON FIRE “Out Of The Angels”


この4枚に共通するのは“疾走感”や“蒼さ”といったもので、一時期、こういうタイプの音楽を他に探していたが、ありそうで、実は殆ど無いというのが分かった。


ライドの1st“Nowhere”はある意味、僕の音楽的価値観を決定付けた作品で、ロックを中心にいろんなジャンルの音楽を聴くようになった今でも、やはりこの手のサウンドに心惹かれてしまう。

攻撃的で激しいドラムとベースに、浮遊感のあるリヴァーヴがかったディストーションギターが乗っかりながら、美声と美メロが牽引(けんいん)する。

それらが一体となり絶妙なバランスを保ちながら醸し出すグルーヴ感は、“蒼き衝動”という表現がピッタリ当て嵌まる。

リヴォルヴァーの“Cold Water Flat”にも若さ特有の“蒼さ”や“勢い”、そして“透明感”があるから、このアルバムを聴く度に僕は十代のようなフレッシュな気持ちでいられるんだと思う。


このアルバムの特徴は、上記に挙げた他3枚のアルバムより若干ブルースや民族音楽っぽいエッセンスが時折入っているところで、ストラトキャスターのシャリシャリとしたシャープな音作りにもその音楽性が合っている。



たった数枚のシングル盤と1枚のオリジナルアルバムだけを残して解散したのはあまりにも勿体なさすぎるバンドだ。


“好きなアルバムベスト10”を選ぶとするなら、その時々によって変わるだろうが、お世辞抜きでこの“Cold Water Flat”は入ってしまう。


今回、このアルバムを聴き返してみて、『プロなら、売れなきゃ話にならない。だけど、本当に素晴らしい作品を残した人達が時代の闇に葬り去られるなんて、あまりにも惜しい』と感じていた。

そんな素晴らしい作品を残してくれたこのリヴォルヴァーのためにも、僕のブログが微力ながらも役立てられたらと思っている。













Bottled Out
https://youtu.be/BKvEbwa0Ask


Coming Back
https://youtu.be/4NM1hf3QwXo


Cool Blue
https://youtu.be/HT5jLQ3-yHw


I Wear You Chain
https://youtu.be/Y7zsu53lYdI


Shakesdown
https://youtu.be/Q3CJeQ69_wA


f:id:shoegazer1990:20210211195406j:plain
LOVE.