シューゲさんのまったり音楽日記

洋楽中心に1記事につき3〜5分程度で読める内容にしているので、気になったミュージシャンがいれば添付してある音源をご視聴頂けたら幸いです。コメントはお返事できそうなものだけさせていただくので、宜しくお願いします。

THE MUSIC Reunion !!

f:id:shoegazer1990:20200911193002j:plain


2011年に解散したUKギターロックバンド、ザ・ミュージック(THE MUSIC)が9年ぶりに再結成し、来年にイギリスでライヴを開催する。



この情報を知ったのはつい先日のことだ。

仕事中にFMラジオでDJが「続いてはザ・ミュージックです」と言った瞬間に『えっ?何で今更ザ・ミュージックの話なんかしてんの?ひょっとすると、もしや……?!』と思ったら、やはり再結成の告知だった。

以前はネットを通じて(特にamass)最新の音楽情報を仕入れていたが、最近はスマホを触る時間を1日10分以内に止めているため、寝耳に水だった。



デビュー当時からここ日本でも人気があったザ・ミュージック。

勿論、僕も彼らの存在は知っていたし、以前書いた通り“The People”のPVを観た時から『このバンドは絶対に人気が出る』と確信したのは懐かしい思い出だ。

ザ・ミュージックのメンバーは親日家で何度も日本に来てはライヴを行っていたが、音楽誌でずっと動向を追っていたにも関わらず、僕は一度も彼らを生で観ずに解散してしまった。


2002年のデビューアルバム“The Music”は僕も聴いていたしお気に入りの1枚だったが、何故か2枚目以降をリアルタイムで追わなかった。

その理由は、華々しくデビューしたバンドは2nd以降で落ち目になるという“2ndのジンクス”がこのバンドにもあるのではないか、と当時勝手に想像していたためだ。

アメリカでは思うように売れなかったという話を耳にしていたのもあり、先入観で『この人達もやっぱりイギリスと日本でしか売れないバンドだったのか』と感じていた。


それが、解散して何年も経ち、2nd“Welcome To The North”と3rd“Strength In Numbers”を続けて聴いたら、もうあまりに凄過ぎてブッ飛んでしまった。


今でも彼らの楽曲はよく聴くし、ランニング中のBGMに流すとテンションが上がりまくってしまう。

少なくとも、僕が2000年代以降の音楽を聴いた中で、断トツで一番格好良いギターロックだと思っている。




再結成ライヴは彼らの地元リーズで行われるとのことだが、是非ともまた日本へ来てライヴをやってほしい!


フジロックに出演しそうな予感がするが、できれば単独で大阪に来てくれ!!













Let Love Be The Healer
https://youtu.be/b52qSbwskCA


The Truth Is No Words
https://youtu.be/FZ7S1NqzIvA


Raindance
https://youtu.be/Py8HhCYvNjE


Getaway
https://youtu.be/T7B8U6bVvfI


The People
https://youtu.be/CeNssuIDViw


f:id:shoegazer1990:20200911193023j:plain
I Love You. Thank You.